働くということ   

自由人としての日々も、余命5ヶ月を切りました。

半年後には、お給料を貰い生活する身分になります。なんらかの形で社会に参加して、自分の稼いだお金で生活してこそ大人だろう、という考えが根本にあるので、喜ばしいことではあります。(精神面の自律はまだ遠いんですけどね・・・)

しかし、私は社会人というものにイマイチ憧れがなく、仕事を通して何かを成し遂げてやろう!なんて考えも毛頭ございません。就活でもそれが現れてたんだけどさ。

腹を括って社会人になる、という感覚が近いです。今は特に目標も目的も無く、生活する為に働こうと思っているのですが、働く過程の副産物として、自分が成長したり、学んだり出来ることがあればなぁと思います。それは純粋に楽しみです。環境が180度変わることによって、自分は何を得られるか。また、せっかく貴重な時間を費やして働くんだから、お金以外の何かを得られる様に、と思っています。

しかし、彼氏も「仕事は嫌いじゃないけど、会社に不満は山ほどある」と言い、元々彼も相変わらず「宝くじあたんねーかなぁ。そうしたら今すぐ辞めてやるのに」、女性のOL様からは「女性の生き方は旦那次第で変わるわよ」と、周囲の人からはあまり素敵な意見をきけません。実際こんな調査結果→http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/employment/?1133782851があるくらいですもんね。そういう声に溢れた環境で大学生活を送ったので、私がガッツに溢れた社会人像を描けないのも、当たり前なのかもしれません。腹を括っているので、働くということに関して絶望視はしてません。女性のほうが上手く割り切ったり、楽しんで仕事をしている印象もあるので、私も大丈夫なんでないかね、と思っています。

でも、バブル期を無知な小学生に過ごした私は、この記事→http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/nihon_keizai_dantai_rengoukai/?1133785683を見て、日経連の奥田会長が苦言を呈していても、少しくらいはバブリーな、日本中が浮き足立った時代というのも、経験してみたいものだと思います。どうせ株も土地もマンションも買えないので、雰囲気を味わってみたいと思います。

確かに、株ブームで学生でも株や、果ては先物にまで手を出している人も珍しくない時代だけれど、原油は高いし(北国にとっては死活問題よね)、別に給与や待遇が改善される訳でもないし(そしてこれからも改善されないと思う)、我が家の家計は火の車だし、バブルが来たとしても、庶民には遠いものなのかもしれません。

とにかく、来春からは、組織に属する人間になります。
[PR]

by haruyasai | 2005-12-06 02:20 | 就活

<< 最近聴いているもの 寒いよ京都 >>