働けども   

私が住んでいる地域は野良猫が非常に多い。

そもそも、野良猫生息率の標準が分からないのだが、北海道、京都、横浜、東京都下とユダヤ人のように追いやられて生きてきた人生史上、今住んでいる地域が一番野良猫遭遇率が高い。駅まで歩く5分間で1〜2匹は見かける。

私は動物が大好きである。昨日もモルモットのことを考えて悶々としていたくらい、毛の生えた動物は大好きである。モルちゃん・・・あぁモルモル。食べてしまいたい。

失礼。

なので、猫等を見かけた時は猫等のプライバシーも構わずにガン見するよう心掛けている。余裕があれば走って追いかける。据え膳食わぬは男の恥である。大抵、まんまと逃げられて、私も猫と触れ合えて(触っていないけど)満足して終わるのだが、時々気まずい思いをするときもある。それは、、、

猫等が食べてはいけなさそうなものを食べているとき。

何を食べてたかは敢えて言わないが、こういった場面に出くわすと、こちらも見てはイケナイものを見た気になり、どんよりと胸が重くなる。

こんな場面もあった。夜、駅からの帰り道、猫遭遇率が高いある場所に目を向けると、真剣な表情で佇む猫が、、、

 はたらけど
 はたらけど猶わが生活楽にならざり
 ぢつと手を見る

犬でいうおすわりの体制で、微動だにせず、じっと手元を見つめる猫。人が暮らす家々の明かりが灯る中、家を持たない野良猫は、マンションの軒下の暗闇で寒さに凍えながら、ただ佇むしかないのだ。一瞬啄木かと思った。いや、啄木より啄木だった。

野良猫は気楽に生きててうらやましー。アテクチ猫になりたいワ。とか思っていたが、野良の世界も厳しいようだ。互いの世界で頑張って生きていこう。

いやまてよ。でも飼い猫だったらいいんじゃね?

アテクチ飼い猫になりたいワ。

おやすみなさい。
[PR]

# by haruyasai | 2011-02-12 00:08 | 日常

メリークリスマス   

b0010630_232974.jpg

今年のクリスマスケーキはWITTAMER。んまい。
[PR]

# by haruyasai | 2010-12-24 23:02 | 旅行・観光

メリークリスマス   

クリスマスイヴはクリスマスにカウントして宜しいでしょうか。

今日は化粧品を買いに百貨店へ行ってきた。街は人に溢れているだろうとビクビクしていたのだが、思っていた程人はいなかった。

顔について、年齢的なものなのか、化粧ビフォア・アフターの差が広がってきている。化粧をしながら「美術の時間みたいだな・・・」と思うこともあり、化粧品選びが本当に楽しい。これもお洋服や靴と同じで、似た様なものがあるのに買ってしまうのはだらしない性格だからなんだろうな。

最近忙しすぎる旦那さんが「疲れてるから甘いものは食べたい」とおっしゃっていた。クリスマスケーキを買ってきたが、旦那さまが今日も仕事で終電帰りなので、写真を撮って、自分の分は食べてしまった。 ゴメンナサイ。

でも、平日もほぼ終電帰りで、休みも会社へ行き、こんな感じで終電まで仕事をしている旦那さんを、本当にえらいなぁと思う。家に帰っても文句も言わない。そんなに八つ当たりもされない。すごい。そんなんなのに、さほど忙しくもない私が「頭痛い。会社行きたくないナリ。」ともじもじしていると「はるやさいさんは休みなさいよ。働いてくれるだけで助かってるんだから。」とおっしゃる。大変できた旦那である。

・・・。

完全に甘やかされて生きております。
[PR]

# by haruyasai | 2010-12-24 00:24 | 日常

天使の涙:堕落天使   

b0010630_207031.jpg

ウォン・カーウァイ作品の色が見たくなり借りた。熱帯地域のネオンの色が見たかった。

本作、恋する惑星、ブエノスアイレスはちょっとおマセさんだった中高生の頃に観ていたのだけれど、今見ると印象も違うね。当時は雰囲気しか観ていなかったのだなぁ・・・。恋する惑星とブエノスアイレスも見直したくなった。

レオン・ライ演じる殺し屋とミッシェル・リー演じるそのパートナーであるエージェントの話と、金城武演じる口の聞けない青年の話の2つが時々重なりながら進んでいく。非現実的なキャラクター達だけれど、感覚はとても真っ当で現実的で共感できる。それぞれが抱える孤独感はみんな普遍的に持っているもの。孤独の中で誰かと触れ合った時の暖かさも、みんなが普遍的に感じるもの。

観た後に残るのは爽やかな喪失感ね。ノルウェーの森みたいな。あ、ノルウェーの森は観にいかなきゃ。
[PR]

# by haruyasai | 2010-12-20 21:38 | 映画

夏の収穫   

b0010630_19225677.jpg

この夏はベランダ菜園に精をだしていた。

ミニトマト(アイコ赤、黄、トマトベリーの3種)、パセリ、バジル、大葉、ゴーヤをせっせと育てていた。朝に水遣りが必要なので、朝ちゃんと起きる良い口実になっていたように思う。夏場は朝夜水を遣らないと干涸びてしまう。どれも食べきれない程収穫できたが、バリに行っている間に枯れ果ててしまった。

ただ、ゴーヤの花がすんげー蜂を呼ぶのよね。育てて一番楽しいのもゴーヤだったけど、蜂が怖いから来年はやらない予定。蜂怖い。
[PR]

# by haruyasai | 2010-12-20 19:23 | 日常